インスピレーション

 

ユリのお話

第1回 ユリだけのフローリスト

アムステルダムにあるユリとランだけを扱う有名フローリスト
ブルーミングス アムステルダム店

オーナーの ヘンリー・デン・ナイセル氏へのインタビューご紹介します。
http://www.bloomings-amsterdam.nl

Q ブルーミング アムステルダムは
ユリ専門ということで有名ですが、どうしてですか?
A ユリのなかでも私の一番好きなのはオリエンタルリリーです。
以前 某ホテルのフローリスト部門で働いていた時に
カサブランカに出会ったのが原点でしょうか。
それ以来 このユリの素晴らしさに魅せられています。
自分の店では 意識してアジアチックリリーは扱っていません。
見かけがノーマルのわりに、結構高値ですから。
Q 一種類の花にフォーカスすることにリスクは感じませんか?
A 特別リスクは感じていません。
逆にこのセクターでは むやみなスケールアップはよくないと思っています。
いろいろなところで花やプランツが買えるじゃないですか。
スペシャリストであることが、サバイバルのカギと思っています。
あとはショップオーナーとしてのやる気と努力も必要でしょう。
Q 消費者にとってユリとは?
A 花としては、好き嫌いがはっきりしているアイテムでしょうか。
オランダでのオリエンタルリリーの一般的なイメージは、まだお葬式用、お墓用といったところです。
香りがきついとか、花粉によるシミとか、ネガティブな見方もあります。
まあ、これはスターゲイザーのせいでしょうけど。
Q ユリの品種について、なにかご意見はありますか?
A 私が取引している仲卸は、品揃えも豊富で満足しています。
ただ、展示会などで見ることができる素晴らしく品質の良いユリは、普通のフローリストや一般消費者の手に入るものではありません。
供給数が限定されているような特別品種は 大々的に宣伝するな、と育種会社に言いたいところですね。
車のショールームに飾ってあるスーパーカーみたいなものですよ。
Q 現在のセールスの方はいかがですか?
A まあまあですね。顧客は常になにか特別な花を求めている、というのは感じます。
それから、私の店はよく店のインテリアをほめていただけますが、うれしいですね。
店内の花の位置も、それぞれの花に独自の場所があり、関心が行き渡っています。
店舗の床に直かに置きっぱなしになっている花はありません。
それから、5ヶ月前に以前の店舗から、現在の有名スーパーとなりの新店舗に引っ越してきましたが、
常に街中のシーンの中にあるといった感じです。
店を構えるのは、やはりロケーションが大事ですね。
Q 最後の質問になりますが、そのお店のロケーションも、アムスの土地っ子には人気のヨルダーン地区ですが、ツーリストもよく来ますか?
A “幸い”にもツーリストはそんなに多く来ません。
だいたい、店の中に入ってきても、観光客が花を買うことはあまりありませんからね。
よく聞くのは、オランダの花やプランツは自分の国に比べて安い!という声です。まあ、当たり前ですが。
あと、いわゆる海外からの“駐在族”ですが、この人たちは比較的花にお金を使うありがたい存在ですね。
オランダ人よりも頻繁に、また たくさんお金を使ってくれます。

Vakblad voor de bloemisterij の記事より

このページのトップへ