10月28日(金)2022ユリ新品種命名式

2022年10月28日(金)駐日オランダ王国大使館大使公邸に於いて、3年ぶりのリアルイベント『2022ユリ新品種命名式』が行われました。

60名のゲストを迎えて3年ぶりのリアルイベント

歓迎の辞

駐日オランダ王国大使 ペーター・ファン・デル・フリート閣下より歓迎のスピーチで始まりました。


ご来場の皆様、秋が深ま中、日、皆様を大使公邸にお迎え内のーン共々うれしくます突如、型コス感染症発生 3 年ぶ今日国内各地びにダか遠路遥々か堂に会し皆様お会ぱいす。
起こせばナ禍においリリー・プ・ジ充実しペー数々を展開2020 年の 10 は、新種のユリを小平奈緒スードスケート選手に因んKodaira命名す栄を賜り鮮やかなオレンジ色の「Kodaira」ユリは、今年の 5 月に日本国内での販売が始まり、5 30 日にここ公邸でユリの贈呈式を執り行い、デニーズ・ルッツ農務参事官から小平選手とご両親にユリの球根と花束が手渡されました。先週土曜日家内私は長野市内の「エーブ小平選手現役最後ースードスケト女500 トルを戦しばかす。点を小平選手が後のスで見事金メルを有終美を飾る姿にへん心を動かベントがディ上げら日本ンダ産の特別なユについての知名度が向上ています大使館にも「Kodairaで買えるかという問い合わせが来たくらいです

小平選手の退セーでKodaira花束を手渡す役を仰せつ最高の瞬間に立ちがでした特別出に培に協力ルブャパ輸入業者方々3 名の産者の方々場をお借礼を申し上げ大使館職員はの力を両国の々の絆をリの販売促進キペーン動に々うおりす。
2
021 、「Lovelily  eBook」が刊行の折にツ農務参事官ともにお祝い動画せる機会をLovelily  eBook力が載のデジルカタログであり、デザ参考とな電子書籍でもます今後も続編が刊行願っやみせん。さて19 世紀末の明治時代本に重要輸出品目でした今から 560 立場が逆転しダがの輸出大国頭しやが本に輸出すととな
そして、今から 30 年以上前の 1990 年、オランダ産ユリの日本への輸入が解禁となりました。今日、オランダ、フランス、ニュージーランドとチリの 4 か国が日本にユリを、通年で、安定的に供給するに至っています
球根は、オランダにとって主要輸出品目の一つです。日本で流通するユリ球根の 7 割はオランダ産です。これにフランス、チリ、ニュージーランド産の球根を足すと市場占有率は 9 割にも達します。今日は、フランス大使館とチリ大使館のご担当者にもご出席いただいております。
ダの根業界に日本は重点市場のつで日本新し品種や、珍品種への関心極め高いす。新し品種日本両国で名の知れ著名人に因ん新品種名が発表思うドキドたし
世界はスト代を迎え争の余波気候変動によ影響々の困難へ応を時に新しが両国人々の心に明か灯す存在に切に願いす。
新しいユ
品種が成功を博し人々の生活のるおいなるよう、ここにご参集のユ球根および切花のサプチェーンに従事される皆様が結束されますこを祈る次第です。楽しひと時を過ご後ほ歓談中話し会を家内共々楽しみに
最後したが日こ様の益々の健勝を祈りするととも大使館と今日命名式の現に向け多大尽力会場事な  飾っリリープーシ表の金藤公夫様、ーディーターの・オークード様に別に謝意を表し私の歓迎の挨拶に代えご清聴ありがとうございました。」

ご来賓ご挨拶

アントス(オランダ王国花き球根・笛木貿易協会)極東輸出グループを代表して ヤン・デビット様のご挨拶

3年ぶりの日本 思いの詰まったスピーチ

100周年を迎えたBloembollenbedrijf Jan de Wit en Zonen B.V.へ
(一社) 日本花き生産協会 球根・切花部会長 豊島正人さまより
サプライズで賞状とクリスタルトロフィーが渡されました

2022ユリ新品種命名式

赤のLAユリの品種名を大使から発表していただきました。

運び込まれた赤のLAユリ

大使から新品種名は『Shinji Ono』と発表されました

小野伸二選手からのメッセージ

小野伸二選手からのメッセージ動画

BOTANICAL PHOTO AWARD最優秀賞受賞者発表

2021年最優秀賞の齊藤哲裕さん 2022年最優秀賞君成田隆志さんに賞状とトロフィーが(株)誠文堂新光社の大関真哉さまより授与されました

2021年最優秀賞の齊藤哲裕さん

2022年最優秀賞君成田隆志さん

乾杯のご発声

(一社) 日本花き生産協会 球根・切花部会長 豊島正人さまより乾杯のご発声

声高らかに乾杯!

お庭で記念撮影

Lの指文字で合言葉は「Lily!」

BOTANICAL PHOTO AWARD 優秀者によるミニデモンストレーション

BOTANICAL PHOTO AWARD 2021年最優秀賞の齊藤哲裕さん、2022年最優秀賞君成田隆志さん、そして優秀賞の平出美樹さん3名によるミニデモンストレーション 

齊藤哲裕さん

君成田隆志さん

平出美樹さん

歓談

オンラインでは顔を合わせていましたが、やはりリアルでお話しをすると盛り上がります

閉会の挨拶

ご来場の皆様、宴たけなわの中、この楽しい会をお開きにすることは気が引けますが、残念ながら閉会の時間が来ました。
本日は、サッカー界のスター小野伸二選手に因み「Shinji Ono」と命名された新品種のお披露目式に、日本国内各地から、そして遠くオランダからご参集いただき、誠にありがとうございました。
3 年間のブランクを経て、今日、この毎年恒例の良き伝統を蘇らせることができました。このユリのイベントは、ユリのサプライ・チェーンに携わるすべてのステークホルダーにとって業界が直面する諸課題や、日本でのユリの販売促進に向けて意見を交わす重要なプラットフォームとしての役割を担ってきました。
「Kodaira」の知名度が日本国内で広がっていくのを目の当たりにすると、新品種「Shinji Ono」の販売促進効果は絶大と思われます。北海道コンサドーレ札幌所属選手として多忙な日々を送られている小野伸二選手が、今日の命名式に際し、心温まるメッセージをお寄せくださったことに対し、本日の主催者である大使とともに厚くお礼申し上げます。小野伸二選手がクラブチーム「フェイエノールト」を 2002 年UEFAカップ優勝に導いたときにサポーター達の心を熱くしたように、鮮やかな赤い花を咲かせる「Shinji Ono」がユリ業界に熱い息吹を吹き込むことを信じてやみません。
パンデミックが猛威を振るった 2020 年に命名された「Kodaira」ユリのように、「Shinji Ono」もまた、オランダと日本の結束の力を、消費者に示す重要な任務を果たし、ユリ産業に携わる関係者の皆様の結束を促す、希望のシンボルとなるでしょう。
そして、ここ大使公邸の庭が、春に満開となるチューリップに加え、多くの特別なユリの花に囲まれたらどんなに素晴らしいかと思いを馳せております。庭にはすでに「Kodaira」ユリが植えられています。近い将来「Shinji Ono」が仲間入りし、先々、さらに多くの新品種のユリが加わることを祈っています。
さて、最後となりましたが、ユリの命名式、Lovelily 電子書籍と、次から次へと発想豊かなイベントを立ち上げ、ユリの販売促進に弛まずご尽力されているリリー・プロモーション・ジャパンに感謝の気持ちを伝え、本日の命名式を、これをもって閉会とさせていただきます。ご清聴ありがとうございました。

Lovelily Red

定番の白ピンクをベースに
隔年でテーマカラーにスポットを当ててカラフルなユリを紹介しています

2021-22年はLovelily Orange
2023-24年はLovelily Red

オレンジのLAユリ「Kodaira」の球根が日本に導入され切り花として流通し始めたように、赤のLAユリ「Shinji Ono」が流通する日を楽しみにしたいと思います